失敗しない手作りマヨネーズレシピ with WECK

Cooking

これは、過去手作りマヨネーズに失敗した方にとって、
目から鱗のレシピです。

かく言う私も、かなりの失敗経験を積んだ上で
この頃はバイタミックスの高速回転力業で、分離しないマヨネーズを作っていました。

失敗はないです。
が、少量のマヨネーズを大きなバイタミックスの底からヘラですくって別の容器に入れなおす作業。
こう見えて殺菌消毒とかには神経質なので、あれもこれも熱湯かけたりして、それが面倒くさかったり。。。(-_-;)

今回、たまたま見つけたレシピが妙に腑に落ちたのでやってみたところ、当たり!

この作り方の画期的な違いは、

◎保存容器(WECK)だけで完結すること。
◎ポイントは酢を入れるタイミングのみ!

 

では、作り方です。↓↓↓

材料———————-
卵黄1個分
塩:小さじ1/4
マスタード(ディジョン):小さじ1
酢:大さじ1(レモン果汁と米酢ミックスが好み)
油:150㏄
————————-

※マスタードはディジョンのほうがいいのですが、今回は都合により粒マスタードで。

①卵黄をWECKに入れ、
塩、マスタードも加え、よく混ぜます。
ここで粘度のある乳化剤が出来上がります。

☆ここで酢もいっしょに入れてしまうと失敗します!

 

マヨネーズは水分と油が乳化したもの、
本来混ざるはずのない酢と油を乳化させるのですが、
乳化剤として卵黄、そしてマスタードも乳化を助けます。

②油を、少しずつ少しずつ加えながら泡だて器で卵黄に油を混ぜ込んでいきます。
電動ブレンダーがあれば早いと思いますが、泡だて器でもぜんぜん大丈夫です。

油を半量くらい入れた時点で、もったり重くなってきました。
完全に乳化しています。
ここまできたらもう失敗はありません。

②ここで酢を投入。

少しずつ加えましょう。
少しゆるくなって混ぜやすくなりました。

③残りの油を少しずつ加えては混ぜるを繰り返し
マヨネーズの完成です!

手作りマヨネーズの良いところは良質の油を選べることですね。

わたしは炒め物和え物などふだんの油は太白胡麻油なので
マヨネーズもこれでつくりました。
太白胡麻油はごま油のような香ばしいクセがないので、ケーキやクッキーにも使えます。
グレープシードオイルもおすすめですが、オリーブオイルは分離しやすいので、最後の風味付け程度がよいようです。

市販のマヨネーズのように日持ちはしませんが、とってもやさしい味の手作りマヨネーズ。
卵の味もしっかりします。
これで作るポテトサラダは絶品です。

ぜひ、お試しくださいね~!

ちなみに今回のレシピなら
このWECKガラス容器がおすすめ↓↓↓↓

WECK Tulip Shape 370ml

価格 : 450円(税込486円)・雑貨テールツリーWeb Store

Rimi

2,490 views

若い頃から雑貨屋さん廻りが趣味で無国籍に収集してきました。 今は、デザインはもちろん使い勝手の良い道具的なものも好きです。 “居心地が良くて、遊び心のある暮...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。